×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遺伝子検査【ジーンライフ】効果

世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キッド【ジーンライフ】 の効果について

ジーンライフ

遺伝子?DNA?

最近よく聞きませんか?遺伝子検査という単語。
私が遺伝子検査と聞くと、真っ先にDNA検査を思い浮かべます。
よくTVでみかけるホントの親子かどうかの検査ですね。

でもあれ??遺伝子検査とDNA検査って何が違うんでしょうか?

遺伝子とDNAの違いは?

遺伝子は「設計図」、DNAは「紙とインク」に例えられます。
遺伝子は生命の設計図と表現されますが、DNAは設計図を書くための「紙」と「インク」だと言えます。 つまり、DNAが集まって情報を持ったものが遺伝子と呼ばれるものになります。


遺伝子検査とは?

ヒトの全てを形作る設計図
遺伝子とは、ヒトの全てを形作る設計図です。 生物の身体を作り、生命を維持するために働いているタンパク質。
このタンパク質を作るための情報が遺伝子です。人には約2万数千個もの遺伝子があると考えられています。
この遺伝子は4種類の塩基が繋がってDNAとなってできています。その4つの塩基の並び方によって様々な遺伝情報を持った
遺伝子となっています。 この配列に違いが起こることが人の個人差に繋がります。これを調べるのが遺伝子検査です。

遺伝子検査で何が分かるの?

生まれつきの体質や疾患の発症リスクなど様々なことが分かります。
近年の研究の成果によって、様々な病気のかかりやすさも親から子へ遺伝する部分があることがわかってきました。
その他にも、何を食べると太りやすいかといった「肥満タイプ」や寿命などの傾向などの体質や身体的特徴、性格的な特徴まで
遺伝子が影響しているのです。

どうやって検査するの?

検査は簡単。ほおの内側の「口腔粘膜」か、唾液採取。
病院などで受ける遺伝子検査の場合は、注射で採血するものもありますが、現在、当社で採用している遺伝子採取の方法は、口腔内細胞を使用する方法です。 ほおの内側を専用の採取棒で軽くこすり「口腔粘膜」を採取する方法。 もう一つは、保存液の入った専用の容器に唾液を0.5ml入れる方法の2種類です。 どちらも痛みや出血などもなく、簡単に採取が可能です。


でも、遺伝子検査って何だか難しそう・・・料金も高そうよね・・・


いえいえ!そんなことありませんよ!


唾液を採取して送るだけ!360種類の検査項目がありながらも価格はお手頃ですよ!

世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キッド【ジーンライフ】
販売サイトへ

世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キッド【ジーンライフ】 についてのインフォメーション

説明文



おススメ商品!

説明文


累計52万人※の解析実績をもつGeneLifeの人気No.1商品が待望のリニューアル
「GeneLife Genesis2.0」として新登場!約1,500の遺伝子を解析し、検査レポートもバージョンアップしました

※2017年8月時点


GeneLife Genesis2.0のリニューアルポイント

1:新しい検査項目が増えます!

「ニキビ」「(閉塞性)睡眠時無呼吸症候群」、「過敏性腸症候群」、「乗り物酔い」といった
日々の生活の中で、より身近に感じられる項目を拡充します。

2:解析する遺伝子を見直し、日本人に最適なものをピックアップ!

日本人で行われた研究を参考に、日本人のリスク評価に適した遺伝子をピックアップ。
これまで以上に、日本人に適した遺伝子検査サービスを提供します。

3:日本人基準の評価を採用!

日本人全体の中で自分の疾患リスクが高いのか低いのかを判定します。この新基準により
他の人と比べて自分が気を付けるべき疾患や体質が明確になります。

4:検査結果が見やすくなります!

検査結果のページのデザインを見直し、これまで以上にわかりやすく、見やすいデザインに変わります。


GeneLife Genesis2.0はここが違う!

360の検査項目で 疾患・身体的特徴を幅広く知ることができます。
具体的には・・・こんな生活に密接している悩みや疾患のリスクまで。
 1、将来、起こり得る病気が心配
 2、ダイエットがいつも成功しない
 3、肌タイプがわからずスキンケア難民

検査結果は、Webやアプリで確認可能!

利用の流れ

説明文



GeneLife Genesis2.0の気になる価格は。。。

\29,800(税抜)


世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キッド【ジーンライフ】 のFAQ


いったい何がわかるの?

生まれつきの体質やかかりやすい病気など、さまざまなことがわかります。
近年の研究成果によって、さまざまな病気のかかりやすさも親から子へ遺伝する部分があることがわかってきました。
そのほかにも何を食べると太りやすいかといった「肥満タイプ」、寿命の傾向などの体質や身体的特徴から、
性格的な特徴まで遺伝子が影響しているのです。
ヒトの遺伝子のすべての配列のうち、個人差があるのはわずか0.1%といわれています。
この0.1%の違いでお酒に弱い・強い、糖尿病や心筋梗塞などの病気にかかりやすい・かかりにくいといったことまで
左右されているのです。

リスクが高いと必ずその病気になる?

リスクはあくまで可能性の高さです。必ず病気になるわけではありません。
遺伝子検査は、現在の状態を見ているわけではありません。生まれつきその病気になりやすいかどうかを調べています。
現在および将来発症しなくてもリスクが高いこともありますし、リスクが低くでも発症することもあります。
遺伝子検査の検査結果は、あくまでも生活習慣を見直したり、事前のケアを心がけたりするための指標としてお役立てください。

いつ検査をしても結果は変わらない?

遺伝子は生涯同じなので変わることはありません。
遺伝子の情報は生涯変わらないので、採取時の年齢や体調、妊娠などによって検査結果が変わることはありません。
いつでもお受けいただけます。

年齢制限はあるの?

GeneLife Genesis2.0、GeneLife Genesisは、18歳以上の年齢の方を対象としており、
18歳未満の方は当社の個人遺伝情報取扱審査委員会が定める倫理的、法的、社会的な観点から
検査をお受けすることができません。
GeneLife Myself2.0、GeneLife Haplo、肥満遺伝子検査、肌老化関連遺伝子検査、メタボ関連遺伝子検査は、
18歳未満の方が本検査をご利用される場合は、倫理的、法的、社会的な観点から、
必ず法定代理人(親権者など)の同意を得たうえで、本検査申込同意書への署名を受けてからお申し込みください。
法定代理人による同意の確認ができない場合は、検査をお受けすることができません。

遺伝学的検査とはどのような検査ですか?

当社が検査申込者に遺伝学的検査を提供する主たる目的は、健康診断等の他の検査と同様にいくつかある
健康維持増進に関する情報のひとつとしてご利用いただくことです。
遺伝学的検査はは個人の遺伝学的情報(※1)を明らかにする遺伝学的検査であり、
統計に基づいた@特定の病気の発症リスク、A体質、Bその他当社の定める検査項目に関連する当社WEBサイト
(https://genelife.jp)記載の遺伝子について解析を行います。
公になっている論文等に加え、当社の遺伝学、栄養学等の資格を持つ専門家が監修を行い、
遺伝的要因と環境要因の関係を考察して得た健康や美容等のサポートに役立つアドバイスを
サービスの一環として提供しています。
また、遺伝学の発展を推進するための研究も同時に行っており、
これは遺伝学的検査の有効性を広く知らしめることを目指した取組みです。
※1 遺伝子解析により明らかにされる情報

遺伝学的検査は、親子鑑定の遺伝子検査に相当しますか?

当社が提供している遺伝学的検査は、親子鑑定の遺伝子検査に該当しません。

健康診断や医療機関のアドバイスと比較した場合、どちらを優先させるべきでしょうか。

本検査は医療行為に該当しないものであり、検査結果は診断ではなく、
医師の診断内容や処方箋を置き換えるものではありません。医師の診療を受けている、
もしくは医師の診療を受けた場合には、医師の指導を優先してください。

提出した検査試料は返していただけるのでしょうか?
解析後の検査試料はどのような方法で破棄されるのでしょうか。

検査試料及び抽出したDNAを返却することはありません。検査試料は遺伝子の解析に必要な期間保存しますが、
検査結果報告後に当社遺伝学研究所もしくは当社が提携している検査受託会社において
安全かつ適切な方法を用いて廃棄されます。


世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キッド【ジーンライフ】
販売サイトへ

このサイトでは訪問いただいた方が通販でお買い物の際に、激安、格安、送料無料、最安値でご購入いただけるか、また、できるだけお安いお値段、価格でお求めいただけるよう、Amazon(アマゾン)・楽天などの販売店を調べ、さらに、お試しやトライアル、トライアルキット、トライアルセット、サンプルがあるか、それが無料か有料か、ポイントは、初回限定や定期コースがあるかなどを紹介していきます。値引き(ディスカウント)、返金・返品できるか、解約の方法など、その他にもメリット、デメリット、使い方、使用方法、選び方、成分、服用方法、飲み方、やり方、副作用なども調査すると共に、口コミ(クチコミ)や評価、評判、公式サイト、ブログ、コマーシャル、CM、レビュー、人気ランキングなどを参考にして、効果、成果、成果なども掲載していく予定です。他にも、オークション、フリマ、ヤフオク、ebay、モバオク、メルカリ、ラクマ、Instagram(インスタグラム)、Twitter(ツイッター)、mixi、LINE、SNS、YouTube(ユーチューブ)、、FACEBOOK(フェイスブック)、NAVERまとめ、@cosme(アットコスメ)の情報、また、在庫あり、在庫なし、即納、正規品、正規輸入品、並行輸入品なども調査して掲載していく予定です。